日本描画テスト・描画療法学会 第24回大会

日本描画テスト・描画療法学会

開催案内

日 時

ワークショップ・認定描画療法士研修会     平成26年9月13日(土)
研究発表・事例検討・特別講演・シンポジウム  平成26年9月14日(日)

会 場

アクトシティ浜松コングレスセンター    〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1

大会運営

浜松医科大学 医学部看護学科  日本描画テスト・描画療法学会第24回大会 運営委員会
E-mail:   
FAX: 053-435-2813

日 程

第1日目 9月13日(土)

9:00-受付
NK 10:00 - 12:10
NO 10:00 - 12:00
W1-W4 10:00 - 12:30
認定描画療法士研修(午前の部) ワークショップ(午前の部)
基礎コース(NK) 応用実践コース(NO)
NK 1 NO 1 W1:動的家族画
W2:バウムテスト
W3:描くよろこび、描く療法
W4:母子画
NK 2  
   
   
12:30 - 13:30 昼休み 常任理事会
NK 13:30 - 16:50
NO 13:30 - 16:40
W1-W4 14:00 - 16:30
認定描画療法士研修(午後の部) ワークショップ(午後の部)
基礎コース(NK) 応用実践コース(NO)
NK 3 NO 2 W5:HTPPテスト
W6:動的学校画
W7:心理療法場面における描画の活用
W8:交互色彩分割法
NK 2  
   
   
17:30 - 懇親会

第2日目 9月14日(日)

9:00-受付
9:30 - 12:00研究発表 事例検討
12:00 - 13:00昼休み 理事会
編集委員会
13:10 - 13:40総会
13:50 - 14:50 特別講演
描画とスピリチュアルケア
講師 窪寺俊之
15:00 - 17:00 シンポジウム
ケアの現場から描画を語る
話題提供者 緒方泉、塩飽仁、杉野健二
指定討論者 森岡由起子

プログラム

1)認定描画療法士研修:基礎コース(NK),応用・実践コース(NO),ワ-クショップ(W)

9月13日(土)午前

NK 10:00~12:10
NK①「心理アセスメントの基礎」(60分)  松瀬 喜治(佛教大学)
NK②「描画による支援の基礎と職業倫理」(60分)   生地  新(北里大学)
NO 10:00~12:00
NO①「描画による心理面接の事例検討」(120分)  高橋 依子(大阪樟蔭女子大学)
W1 - W4 各々10:00~12:30
W1 「動的家族画」 橋本 秀美(大阪樟蔭女子大学)
W2 「バウムテスト」 中島 ナオミ(元 関西福祉科学大学)
W3 「描くよろこび,画く療法」 中道 芳美(小羊学園)
W4 「母子画」 馬場 史津(中京大学)

9月13日(土)午後

NK 13:30~16:50
NK③「心理面接の基礎」(60分) 松下  博
(神奈川県スクールカウンセラー )
NK④「描画による心理アセスメントの基礎」(60分)  鈴江  毅
(山陽学園短期大学・山陽学園大学 )
NK⑤「描画による心理面接の基礎」(60分) 藤掛  明(聖学院大学)
NO 13:30~16:40
NO②「描画による心理アセスメントの事例検討」(120分)  寺嶋 繁典(関西大学)
NO③「描画による研究法」(60分)  馬場 史津(中京大学)
W5 - W8 各々14:00~16:30
W5  「HTPPテスト」 高橋 依子(大阪樟蔭女子大学)
W6  「動的学校画」 武藤 久枝(中部大学)
W7  「心理療法場面における描画の活用」 寺沢 英理子(札幌学院大学)
W8  「交互色彩分割法」  志村 実夫(小郡まきはら病院)

* 認定描画療法士研修基礎コース(NK)は資格認定のための研修会ですが,どなたも好きなNKとWを自由に組み合わせることができます。
  ただし資格取得を希望される方は,必ずNK①~NK⑤を受講してください。

* 資格取得については研修に関する免除規定があります。詳細は学会HP(http://www1.ocn.ne.jp/~byoga-g/)をご覧ください。

* 応用実践コース(NO)は,日本描画テスト・描画療法学会が認定する「認定描画療法士」の有資格者のみが参加可能です。

* 応用実践コース(NO)では事例を募集します。
 「描画によるアセスメントの事例提供希望」または、「描画による心理療法の事例提供希望」と申し込みはがきに記載してください。

2)研究発表・事例検討

9月14日(日)9:30~12:00(予定)

  • 研究発表は,1演題につき質疑応答を含めて30分の予定です。
  • 事例検討では助言者をつけて1演題60分,2事例のケース検討を行います。

3)特別講演

9月14日(日)13:50~14:50

「描画とスピリチュアルケア」 講師:窪寺 俊之(聖学院大学) 司会:片山 はるみ(浜松医科大学)

4)シンポジウム

9月14日(日)15:00~17:00

テーマ 「ケアの現場から描画を語る」
話題提供者
「認知症高齢者の『言葉の出口』を開く集団回想描画法」 緒方 泉(九州産業大学)
「被災地の子どもの描画と遊びのケア」         塩飽 仁(東北大学)
「描画からコラージュへ,治療からケアへ」       杉野 健二(みえ家族と心のケア相談室)
指定討論 森岡 由起子(大正大学)
司会   鈴江 毅(山陽学園大学)

受講証明書等

1)認定描画療法士の受講証明書について

  • 9月13日(土)の認定描画療法士研修会に関して受講証明書を発行いたします。

2)臨床心理士の研修ポイントについて

  • 9月13日(土)認定描画療法士研修・ワークショップの午前・午後の2枠を受講した方に,臨床心理士研修ポイントのための研修証明書を発行致します。再発行は出来ませんので,各自で保管ください。
  • 9月14日(日)参加者には研修証明書は発行されません。参加費領収書が学会参加の証明として使用できますので,大切に保管ください。
  • ワークショップ・大会ともに,1日参加されますとポイントになります。両日参加された場合は,どちらかのポイントを選んで申請してください。日本臨床心理士資格認定協会の規定により,二重には申請できません。
  • ポイントは、ワークショップ・研修会を1機会、大会参加も1機会とし、それぞれカウントされます。